オレンジ色のチェックを背景にしたインテリア

チェックと言っても複数のパターンがあります。良く知られているタイプはギンガム、マドラス、タータン、グレンなどですが、まだまだあるんです。背景をオレンジ色にしたチェックは温かみがありますが、パターンによって室内の表情ががらりと変わります。カーテンや壁紙として利用するといいですね。

オレンジ色の効果を知って賢く利用

オレンジ色は暖色の代表で、太陽のイメージもあることから、見ているだけで温かみを感じ、幸福な雰囲気になります。オレンジ系のテーブルクロスを敷いて食事をすれば、たちまちに元気になって食欲もアップしますよ。

背景がオレンジの時のチェック柄の色

背景の色をオレンジ色にしたチェック柄はともすると派手すぎることがあります。柄を表現する線の色を寒色系にすることで落ち着きのある色味にすることができます。グレー、グリーン系、ブラウン系の濃い目の色で柄を表現してあるタイプがきれいですね。

チェックのカーテンで運気アップ

カーテンは目隠しや遮光の役割だけでなく、インテリアとして重要なアイテムです。例えばチェック柄はリラックス効果があります。そして、背景色をオレンジにすると気持ちが前向きになってエネルギーを吸収しやすくなります。

インテリアは風水に頼りすぎなくていい?

風水の考え方を取り入れて住まいをコーディネートすれば運気アップといわれていますが、あまり凝りすぎると疲れてしまいます。背景がオレンジ色のチェック柄のアイテムがあることで居心地がよいのなら、積極的に取り入れるとよいでしょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.